MENU

人工歯なら横浜にある歯科技工所【natural Dental art】

パラジウム合金

金・・・12%
パラジウム・・・20%
銀・・・49.2%
銅・・・16.7%
その他・・・イリジウム、亜鉛、インジウム

一般的に銀歯といわれる金属ですが、パラジウムを20%、金を12%、銅16.7%含む金属です。
あまり聞きなれないパラジウムですが、車の触媒(自動車のエンジンとマフラーの間の排気パイプ)等に多く使われる金属です。

⇒ 制作技工物はこちら

ゴールド(18k、20k、16k、14kなど)

例:18kゴールド
金 75%
銀 8.8%
銅 15.2%
その他 亜鉛

純金を銅や銀などで割った金属です。
アクセサリーなど幅広く使われていますが、金は生体親和性が高く、抗菌作用もあります。

歯科ではかたさの問題から、インレー、クラウン、などは18k、20kを使用し、歯の土台(支台歯)には14k、16k等が使われます。

⇒ 制作技工物はこちら

白金加金

金 69%
白金 2%
銀 12%
パラジウム 4%
銅 11%
その他 亜鉛、イリジウム

金合金にプラチナ(白金)を含んだ金属です。
生体親和性が高く、抗菌作用も硬さも、ゴールドより良い物です。色がややうすい金色になります。

⇒ 制作技工物はこちら

陶材焼付用合金
(プレシャス、セミプレシャス、ノンプレシャス)

セミプレシャス
金 51%
パラジウム 37.9%
インジウム 9%
その他 銀、白金、イリジウム、ガリウム銅

セラミックがくっ付くための金属です。
金が8%以上含まれるものをプレシャスメタル、金が50%以上のものをセミプレシャスメタル、金が含まれていないものをノンプレシャスメタルといいます。
硬さの問題からセミプレシャスメタルが多く使われます。

⇒ 制作技工物はこちら

硬質レジン

いわゆるプラスチックのため、時間の経過により変色をおこすことがあります。

⇒ 制作技工物はこちら

ハイブリットセラミック

セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料。
色は白く、歯の硬さに似ているため、まわりの歯を痛めません。

⇒ 制作技工物はこちら

セラミック

いわゆる陶器を考えて頂けるといいですが、見た目がとても美しく、天然歯のような透明感もあります。
又、長い時間変色がみられません。

⇒ 制作技工物はこちら

プレスセラミック

いままでのセラミックより強度が約4倍になり、割れにくいセラミックになりました。

⇒ 制作技工物はこちら

ジルコニア

白い金属ともよばれている、軽くて、とても丈夫な物です。
スペースシャトルの外壁や人口関節などにも使われています。ただ歯の様な多彩な色は出せないのでフレームをつくってその上にセラミックを盛る様に使います。

⇒ 制作技工物はこちら

マイクロスコープ
使用することにより、より精度の高い物がつくれます。

ポーセレンファーネス
この様な機械を使用して、セラミックを1000℃近くまで上げて焼き付けます。

セラミックプレス機
この様な機械を使用して、セラミックを1000℃近くまで上げて焼き付けます。

光重合機
レジン系の物は光によって固めます。

 

ファーネス
金属を溶かして鋳型に流します。

真空鋳造機
金属を溶かして鋳型に流します。

遠心鋳造機
金属を溶かして鋳型に流します。